日南市でカットやヘッドスパのお店をお探しなら

カラーリングが与える髪への影響

  • HOME »
  • カラーリングが与える髪への影響

カラーリングが与える髪への影響

市販のカラーリング剤で、髪を染めている方は多いことでしょう。しかし、カラーリングには、髪に様々な影響があることをご存知でしょうか。

カラーリングの仕組み

カラーリング剤には、髪を染める為に人工的に作られた化学物質が使われています。
一般的には染料とアルカリ剤が含まれる1液と酸化剤が含まれる2液があり、2つを混ぜたときの化学反応で髪を染めます。液剤を混ぜたものを髪に塗布すると髪のキューティクルが開き、液剤が髪内部に浸透します。次に髪のメラニン色素を脱色し、染料を浸透、定着させ発色させていくのです。

カラーリングのリスク

本来、髪は弱酸性ですが、アルカリ剤の液剤を使用するので、髪に与えるダメージは大きく、パサつきやツヤがない髪になります。また、使用されている化学物質のなかには刺激が強いものもあり、髪と頭皮にダメージを与えて炎症を起こす場合があるのです。
ご自身でカラーリングする場合、塗りムラがあると髪のダメージにもムラがでます。何度もご自身で染める場合、ダメージの少ない髪も多い髪も同じように薬剤を塗布する為、色ムラが出来て綺麗な仕上がりになりません。
また、カラーリング後にシャンプーで薬剤を落としても頭皮に残ることが多く、頭皮にもダメージを与え健康な髪が生えにくくなってしまうのです。

髪を染めるなら理髪店へ

理髪店では髪のダメージの状態に合わせて薬剤を使い分け、髪へのダメージを軽減し、綺麗な仕上がりで髪を染めていきます。また染めた後は、頭皮に残った液剤を乳化と呼ばれる作業でしっかりと落としていくので、頭皮のダメージを減らせるのです。
ご自身でのカラーリングは、手軽・安価というメリットがあります。しかし、薄毛や抜け毛など、髪と頭皮のトラブルのリスクが高く、長い目で見ると理髪店で染めるほうがよいでしょう。

その後のケアも欠かさずに

カラーリング後は、髪と頭皮のダメージを軽減するケアも欠かせません。毎日出来るケアとして、髪に良い成分が配合されたシャンプーを使うのもよいでしょう。ときには、プロの手によるヘッドマッサージを受けて、頭皮の血行を良くし健康な髪が生えやすい土台を作るのも大切です。

植村理髪店について

宮崎県日南市にあります植村理髪店では、カットやシェービング以外にも男性のおしゃれをお手伝いする理容室です。メンズカットはクラシカルなスタイルを再現し、カラーやシャンプー、頭皮を揉みほぐす頭皮ケアも行っています。カット料金などはサイトにて記載しておりますが、ご不明点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらの番号から予約状況をご確認いただけます TEL 0987-23-6805 受付時間 9:00〜18:00 (予約優先)

営業時間 9:00〜19:00 定休日 日曜、月曜

ブログアーカイブ

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 植村理髪店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.